代表プロフィール

ディスカバリーワーク代表 竹内正人

 

 

WEB自動営業プロデューサー
ディスカバリーワーク代表
竹内 正人

”志の高い小さな会社”の営業をWEBで自動化し
小さな会社が多くの人々を幸せにすることに貢献する。

 

1991年  ソフトバンク株式会社 入社
2015年  ソフトバンク株式会社  退社
2017年  ディスカバリーワーク合同会社 設立

<受賞歴>
2006年  ソフトバンクグループ  ベストマネージメント賞受賞
2007年  ソフトバンクグループ  社長賞受賞
2013年  ソフトバンク株式会社   SoftBankアワード受賞

<エピソード>
1982年、16歳の夏のある日
友人の家で世界初のパーソナルコンピューターと出会い、
衝撃的な感動体験をする。

Apple IIスティーブ・ジョブズと親友ウォズが開発した「Apple  II」は、
専門知識のない一般の人がすぐに使えるパソコンとして
革命的な製品となる。

その日の夜の帰り道、
友人宅の隣にあるビルの1Fテナントに
入居したての会社と遭遇。
入り口の看板には、「SOFTBANK」のロゴが。

SB_logo

創業2年目のソフトバンクと出会った瞬間だった。

その後の人生を決める2つの出会いが、
偶然にも同じ日という運命的な体験をする。

その8年後、就職活動が始まり、
孫正義社長が話すセミナーに参加。
孫社長の話を聞き
「この人は本物だ!この会社は、将来すごい会社になる!」と、
直感的に確信し、他社の内定を蹴って入社を決断。

ソフトバンク 孫正義

(1990年のソフトバンク会社案内から。孫社長33才)

新入社員の頃、まだ無名だったソフトバンクを、
親、兄弟、親戚からは、心配され、
友人たちは無関心、
営業先からは、
「何の会社かわからない、うさんくさい」とか、
「すぐ倒産するだろう」とかバカにされ、
とても悔しい思いをする。

その会社の価値や将来性は、
会社の知名度や規模とは関係がないという思いを強くする。

そして、無名で小さな会社だったソフトバンクが、
インターネットを活用し急成長した経験から、
「小さな会社こそ、インターネットを活用すべきだ」、
「WEBマーケティングで、志の高い小さな会社を支援したい」
という思いが強くなり、
2017年にディスカバリーワークを設立。


2018年7月。
ジョブズとウォズが開発した
世界初のパソコン「Apple II」のように
限られた専門家だけでなく、
誰でも簡単にWEBマーケティングが使えるように
ノウハウとシステムをパッケージにした
「WEB自動マーケティングサービス」を提供開始。

 

志の高い小さな会社の営業自動化に貢献し、
多くの社長から選ばれている。

ディスカバリーワーク創業

ディスカバリーワーク

discoveryは、「発見」という意味を基本として、同義語に、「invention(発明)」、「innovation(革新)」、「creation(創造)」、「design(デザイン)」、「devising(工夫)」、「breakthrough(画期的)」、「realization(実現)」、「pioneer(先駆者)」、「explorer(冒険者)」、「origination(起源、創設)」という意味もあります。

私たちDiscoveryWorkは、人類の最高の資質=創造性を最も大切にし、価値ある商品、サービス、作品、ノウハウ、コンテンツ(=Work)を発明、発掘、発見し、さらに工夫しイノベーションさせて発信する事で、地球上の人々の幸せの実現に貢献する先駆者、冒険者でありたいという願いを起源として、DiscoveryWorkを創設しました。

 

WEBマーケティング事業理念

”志の高い”小さな会社の営業を
WEBで自動化し
小さな会社が多くの人々を幸せにすることに貢献する。